BCAAとは何?

 ■BCAAとは何?

 
BCAAは、必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の3つの総称のことです。必須アミノ酸は体内で作ることができないのですが、運動時に筋肉のエネルギー源なので積極的に摂取したいところですね。3つ栄養素をそれぞれ詳しくご紹介します。
 

バリン

バリンは筋肉を作る原料にもなってくれますし、体内のたんぱく質量を正しく維持してくれる働きをします。たんぱく質量が少ないと食欲不振になってしまい、栄養不足になってしまうこともあるので体づくりには必須の栄養素ですね。レバーやカツオ、チーズなどに含まれています。
 

イソロイシン

イソロイシンは筋肉を作る材料であるたんぱく質をつくるアミノ酸です。体内の糖質を筋肉に取り込んで、血糖値をコントロールしてくれる働きもあります。体づくりだけでなく、健康のためにも大切な栄養素ですね。卵や大豆、青魚などに多く含まれています。
 

ロイシン

ロイシンは筋肉を作る重要な司令塔にシグナルを送る役割を持っています。
筋肉を作る司令塔細胞「mTOR」といい、ロイシンが送るシグナルに反応して、筋肉の合成を促す働きをし、筋肉を維持・管理してくれます。
また、筋肉を保持してくれるだけでなく体脂肪を減らしてくれるという研究結果もあり、ダイエットにも◎です。
 
 

■BCAAに期待できること

BCAAは必須アミノ酸の中でも、筋肉を作るのに使われる割合が高いため、体づくりに必須な栄養素です。
運動中は体の中の主にアミノ酸がエネルギーになっているのですが、エネルギー源になるものがなくなると、筋たんぱく質を分解し始めてしまいます。
BCAAを摂取することでつけた筋肉を分解するのを防ぐことが期待でき、また、運動中に筋肉を活性させてくれる働きもします。
また、疲労感や筋肉痛を軽減できるという研究結果もあるので、運動前はもちろん運動中にも後にもぜひ摂取したい栄養素です。
 

 

MURBはBCAA含有量国内最大級5,000mg!!!

MURBはWPI20gに加え、BCAA含有量国内最大級5,000mg!!!
さらにクエン酸も1,000mg!!
MURBの詳しい情報は▶︎https://murb.jp/murb